HERMESエルメス クリックH NOIR ゴールド H700001F 01

¥112,300 円 (税込)

購入数
  • 商品詳細
  • 購入に関して

注目度抜群のエルメスのブレスレットとわかる・クリックH・です。
カジュアルからドレッシーな格好まで、幅広く合わせて頂けるエレガントなデザインが好評ですす。

商品名:HERMESエルメス クリックH H700001F
型番:H700001F
素材:ゴールドプレーテッド
カラー:No.01  色①NOIR
金具色:ゴールド
サイズ:PM 16.8 cm
付属品:専用箱

※人気商品につき在庫の動きが激しいため、ご注文前に在庫確認のお問い合わせくださいますようお願い致します。

※エルメスはフランスを代表するファッションブランド。
エルメスの創業は1837年。当時は馬具工房としてナポレオン6世やロシア皇帝などを顧客として今し発展しました。自動車の普及、馬車の衰退に伴い、鞄、財布といった皮革製品さらに腕時計や服飾品、装身具香水などの分野にも手を広げ、成功していきました。
代表的な皮革製品にはケリーバッグやバーキンなどのバッグが挙げられます。

NEWS

ニュース

2021-12-20 1 本日おすすめブランド  ヴァレンティノ
■本日おすすめブランド★ヴァレンティノ・イタリアを代表するラグジュアリーブランドで変わらぬ人気★

VALENTINOヴァレンティノ

ブランドのはじまり

1959年、ヴァレンティノ・ガラヴァーニがイタリアのローマでデザイン活動を

始る。

1960年、ブランド「ヴァレンティノ(VALENTINO)」をスタート。

ヴァレンティノについて

ヴァレンティノ(VALENTINO)はイタリアを代表するラグジュアリーブランド。

オートクチュール、プレタポルテからバッグ、シューズ、スモールレザーグッ

ズ、ベルト、アイウェア、スカーフなどのアクセサリー、フレグランスとトー

タルで展開。

全世界で100ヵ国で展開。170以上の直営店と、1500を超える店舗で販売されて

いる。

ヴァレンティノの沿革・歴史

創業者であるヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Valentino Garavani)は1932年、

北イタリアのヴォゲラに生まれる。父親は地元の電力供給会社を取り仕切っ

ていた。1949年ミラノにあるサンマルタ専門学校のファッションスケッチ課

程に入学。翌1950年パリ・オートクチュール組合学校サンディカにて服作り

の基礎を学ぶ。在学中IWS(国際羊毛事務局)主催のコンテストで優勝を果たす。

卒業後ジャン・デッセのクチュール、ギ ラロッシュのアシスタントとして約

10年働く。1959年に独立。ローマのコンドッティー通りにオートクチュールの

小さなアトリエを開く。1960年、伝説的なヴァレンティノ・ガラヴァーニとビ

ジネスパートナー ジャンカルロ・ジアメッティが「ヴァレンティノ(VALENTIN

O)」を創業。

1962年に最初のコレクションを発表、フィレンツェのピッティ宮殿で開かれた

「白だけの服」が注目を集め一躍国際的に知られることとなる。 67年に「ニー

マン・マーカス賞」を受賞。68年のホワイトコレクションで初めて「V」をマー

クとして採用。

1984年、サラエボ・オリンピックおよびロサンゼルス・オリンピックでのイタリ

ア選手団のユニフォームデザイナーに選ばれ、1985年、イタリア政府から「グラ

ンデ・ウフィッチャーレ」勲章。1986年にイタリア最高の勲章である騎士大十字

勲章を授与される。1996年、イタリア共和国誕生50周年に際して、スカルファロ

大統領よりカヴァリエーレ・ディ・ラヴォーロ(功労騎士)に叙される。2000年に

は、CFDA(アメリカ ファッションデザイナーズ協会)より生涯功労賞が贈られる。

1998年、Marzotto家にヴァレンティノの経営権を売却。Marzotto家は経営面を強

化することでヴァレンティノブランドの業績向上に大きく貢献。

2001年春夏、ディフュージョンライン「ヴァレンティノローマ」を発表。ヴァレ

ンティノのデザインの原点となっているローマをネーミングし、ヴァレンティノ

らしい優雅で洗練された世界に加え、若さあふれるコレクションとなっている。

2003-04年秋冬シーズンより、カジュアルライン「レッド ヴァレンティノ(REDVa

lentino)」の展開を開始。その後、ヴァレンティノグループはドイツのヒューゴ

ボスなどを傘下に抱える、巨大ファッショングループに成長した。

2007年、投資ファンドのPermira社がヴァレンティノファッショングループを買収。

2007年プロエンザスクーラーの株式を45%取得しグループのブランドに加えた。

2007年、ヴァレンティノ・ガラヴァーニがファッションのデザイナーを引退。

後任のクリエイティブディレクターにアレッサンドラ・ファッキネッティが就任。

ファッキネッティはクチュール、プレタポルテ、セカンドラインの「レッド ヴァ

レンティノ」などレディース関連すべてを担当するも1年で辞任。後任にはヴァレ

ンティノで長期に渡りアクセサリー・デザイナーとして活躍したマリア・グラツィ

ア・ キウリ(Maria Grazia Chiuri)とピエールパオロ・ピッチョーリ(Pier Paolo

Piccioli)が就任した。

2008年秋冬よりメンズラインのデザイナーにフェッルッチョ・ポッツォーニが就任

したが、2シーズンでデザイナーを辞任。その後、レディースウェアを手がけるキウ

リとピッチョーリがメンズも手がけることが決定。2012年、カタール王族がヴァレ

ンティノを買収。

2014年、初となるメンズフレグランス「ヴァレンティノ ウオモ」を発表。

2016年、ヴァレンティノ東京初の旗艦店を表参道ヒルズにオープン。同年、マリア・

グラツィア・キウリが退任。ピッチョーリが単独でクリエイティブ ディレクターを

務めることになった。

2018年、ロレアルと提携し、2019年以降、化粧品及びフレグランスの展開をスタート

することを発表。

CALENDAR営業日カレンダー

7 July 2022
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
TOP